あなたと共に育ち成長を見守る社会保険労務士・FP事務所「おひさま社会保険労務士事務所」

トップページ - 業務内容:賃金分析・賃金設計

業務内容 ─ 会社と社員がともに成長する

賃金分析・賃金設計

賃金分析・賃金設計

従業員のがんばりを反映する賃金制度

貴社の賃金はどのようなルールにのっとって従業員に支払っているでしょうか。
入社したときの賃金をそのままずっと支払っていたり、がんばっている従業員もそうでない従業員も同じ処遇になっていたりしませんか?
主任・課長よりも一般職の賃金が高いというような逆転現象が起きていませんか?
10年後、20年後をみすえて設計していますか?

会社から賃金をもらって、そのお金で家族を養い生活をしている従業員にとって、自分の賃金が今後どうなっていくのかは、いちばんの関心事です。
現状の賃金設計に問題点があったとした場合、そのまま放置しておくことは必ず将来、ひずみがでてきてしまうことでしょう。

逆に賃金制度をしっかりつくり、従業員にも理解してもらっておきさえすれば、従業員の「この会社で働こう」「がんばろう」というモチベーションを維持することができるはずです。賃金制度は会社にとっても大きな武器となりえます。
従業員の役割やがんばり度、実力を適切に反映して、独自の「賃金制度」を作りましょう。

まずは賃金分析からはじめて、問題点の把握をしてみませんか?

賃金分析・賃金設計チェック

あなたの会社の賃金制度はどうなっていますか? まずはチェックしてみましょう

  • 毎月の残業代の支払いに頭を悩ませている
  • 残業代は基本給に含めて払っているが、残業何時間分かは明確になっていない
  • 採用時の従業員の賃金は、社長の独断で決めている
  • 役職につくと結果的に賃金が下がってしまう
  • 同業他社と比べて賃金水準が高いか安いか分からない
  • 会社の業績アップを賃金に反映していない
  • 従業員の評価を賃金に反映するしくみがない
  • 職種がちがっても同じ給与体系だ
  • 従業員が10年後に貴社で働いているイメージを描けない
  • 成果主義人事制度を導入しているがどうもうまく行かない

4個以上の項目が当てはまる会社は要注意です!まずは賃金分析で問題点の洗い出しをしてみませんか?

賃金分析について

賃金分析

当事務所ではお客様より賃金データをご提供いただくことで、困ったところを「見える化」したレポートを作成いたします。あわせて改善すべき点や解決に向けてのご提案をさせていただきます。

賃金設計の流れ

賃金設計

賃金制度は貴社の現状、将来の方向性をうかがった上で、貴社に合わせてオリジナルの賃金設計をいたします。
賃金分析から新賃金制度の設計、現状賃金からの賃金移行までトータルで承ります。
賃金制度がクリアでわかりやすい制度になることで、会社にとっては運用しやすく、従業員にとってはモチベーションの向上につながっていきます。
着手から運用開始までの期間は、2~3ヶ月程度を想定しています。

1.賃金分析
 現状の賃金制度を把握、問題点を明確にします。
2.キャリアアップコース図の作成
 賃金制度の主軸となるキャリアアップコース図の作成をします。
3.新賃金体系の作成
 等級基準の設定、基本給、職能給、各種手当等の設定をし、新賃金体系を作成します。
4.賃金移行表の作成
 現在の従業員の賃金を新賃金制度にあてはめる作業となります。
 賃金総額や個別の賃金について予定した範囲内におさまっているか、評価にみあった賃金に設定されているかを確認しながら、調整を繰り返し、最終的に決定します。

賃金分析・賃金設計の報酬

賃金分析・賃金設計 お客様の規模、ご予算と内容をヒアリングさせていただいた上で、正式にお見積もりとさせていただきます。


電話・FAX・メールとも初回相談は無料です!お気軽にご連絡ください
Scroll Up