★セミナー・イベント開催情報★

中小企業も4月からスタート!「時間外労働の上限規制」が適用される前に知っておくべきポイント

「人を雇用する中小企業の経営者様」に知ってただきたい労働・社会保険法に関する情報を、ブログでお伝えしています。

「あなたの、はた「楽」をサポート」、おひさま社会保険労務士事務所代表の篠田 恭子です。

 

新型コロナ1色になっております昨今ですが、CMも兼ねまして・・・

 

取材を受けた内容が記事になりました!

いつも取材していただいております、給与ソフトで有名な弥生株式会社さんが運営している

弥生ユーザーを応援する「いちばん身近なビジネス情報メディア」の弥報オンライン。

 

スモールビジネスハックというカテゴリは

中小企業の経営者や個人事業主などスモールビジネス事業者に役立つ情報をお届けします。

事業拡大や資金調達、人材採用、サイト集客など、事業を成長させるためのノウハウを日々、更新中!

スモールビジネスの最新トレンド、おすすめのITツール、他社の成功事例インタビューなども掲載しています。

というコンセプトの記事がたくさん掲載されています。

 

スモールビジネスハックの中で、私、篠田が取材を受けました

中小企業も4月からスタート!「時間外労働の上限規制」が適用される前に知っておくべきポイント

が公開になっています。

働き方改革関連法の目玉である「時間外労働の上限規制」は、この4月1日より中小企業でも適用になります。

4月1日~1年で36協定を出しているという会社も多いと思いますので

36協定の準備の前に、ぜひぜひお読みいただけたらと思います。

時間外労働の上限規制とは

残業時間の上限は、原則として月45時間・年360時間とし、臨時的な特別の事情がなければこれを超えることはできません。

施行大企業:2019年4月~/中小企業:2020年4月~

というものです。

 

参考になるHP

働き方改革については、国が力を入れており、説明動画やパンフレットも充実しています。

弥報オンラインの記事と合わせて、働き方改革 特設サイトもご覧ください。

働き方改革特設サイト | 厚生労働省 時間外労働の上限規制

 

時間外労働の上限規制(その1)法改正内容について(6分30秒)

時間外労働の上限規制(その2)36協定届記載のポイント(8分54秒)

 

 

しのだ

時間外・休日労働に関する協定届(36協定)は労働基準監督署へ「届出」が必要です。お忘れなく。

 

よろしければ、クリックにご協力ください!

人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村に参加しています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です