★セミナー・イベント開催情報★

職場定着支援助成金 雇用管理制度助成コース

2018.5.23 追記

下記助成金情報は2018年3月31日までの内容となります。

2018年度は制度導入助成が廃止されるなど変更がございます。

 

2018年4月移行に計画を提出される場合は、最新の助成金情報をご確認の上、ご提出ください。

職場定着支援助成金 雇用管理制度助成コースは、最も取り組みやすい助成金の1つであると思います。

雇用管理「制度」助成とあります通り、ある制度を導入し、実施したことで受給できる助成金です。

具体的に、どのような制度を導入するかといいますと、下記の5つです。

制度導入のコース

  1. 評価・処遇制度
  2. 研修制度
  3. 健康づくり制度
  4. メンター制度
  5. 短時間正社員制度(保育事業主のみ)

申請の流れ

1.計画を作成し、労働局へ提出します。

※計画と、就業規則や給与規程の改定案が必要です

2.労働局の計画の認定を受ける

3.作成した計画にそって取り組みを実施

4.支給申請

となります。

労働局の認定を受けずに先に実施したものについては、助成金の受給対象外となりますので、十分にご注意ください。


目標達成助成

この助成金の特徴的なところの1つですが、計画実施する前と、計画を実施した後の離職率を比較します。

「目標達成できた」と認められた場合、目標達成助成として、別に助成金がもらえます。

何をもって目標達成かといいますと、雇用保険一般被保険者の離職率を比較します。

【目標達成助成(第1回)】

【制度整備助成】(1)、(2)の実施の結果、介護賃金制度整備計画期間の終了から1年経過するまでの期間の離職率(以下、「評価時離職率(第1回)」という。)を、介護賃金制度整備計画を提出する前1年間の離職率よりも、下表に掲げる目標値(※)以上に低下させること(ただし、離職率は30%を上限とします。)。

 対象事業所における雇用保険一般被保険者の人数区分  1~9人  10~29人  30~99人  100~299人   300人以上
 低下させる離職率(目標値) 15% 10% 7% 5% 3%

 


受給額

1つの制度導入+実施につき、各10万円が受給できます。

目標達成助成 57万円(生産性要件を満たした場合は72万円)

制度導入ひとつひとつに関しては額が小さいのですが、目標達成助成が受給できると大きいです。


 

ですが、制度導入していただく内容は、どれも従業員さんにとってプラスになる取り組みです。

取り組みやすい取り組みですので、今まで申請したことがないけれど助成金を受給できるだろうか?という会社様、

最初の1歩で、ぜひ取り組んでみてはいかがでしょうか。

 

2018.5.23 追記

上記助成金は2018年3月31日までの内容となります。最新の助成金情報をご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です