★セミナー・イベント開催情報★

Facebookのメッセンジャーの注意点

「人を雇用する中小企業の経営者様」に知ってただきたい労働・社会保険法に関する情報を、ブログでお伝えしています。

「あなたの、はた「楽」をサポート」、おひさま社会保険労務士事務所代表の篠田 恭子です。

 

当事務所ではお客様とのやりとりを、

電話

メール

FAX

チャットワーク(ChatWork)

に限定させていただいています。(zoom、スカイプは対応します)

この中で、なじみが薄いかもしれないチャットワーク(ChatWork)については、以前、記事を書いて触れてみました。

どんなものかを書いてみましたので、使ってみたことがない方、よろしければこちらもお読みいただけたらありがたいです。

これはおすすめ!ビジネス版LINE、ChatWork(チャットワーク)

 

もちろん、LINEやFacebookのメッセンジャーも便利です。

私も、LINEはプライベート中心、Facebookは同業の方との情報交換を中心に使っています。

ただ仕事として、お客様とのやりとりとなりますとやはり適さないのではと感じています。

とくに、「従業員さんの労働・社会保険手続き」を担当する社会保険労務士事務所です。

マイナンバーやご住所、生年月日、扶養の情報等、士業の中でも、最も個人情報を大量に扱う職業。

というわけで、個人情報保護、セキュリティ対策に気を使わねばなりません。

SNSのやりとりについては、セキュリティ対策を第一に考え、チャットワーク(ChatWork)を使っていただくようお願いしているところです。

 

前置きはこれくらいといたしまして。

最初に書きました通り、同業の先生とはFacebookのやりとりが多いのです。

つい最近、ちょっとしたトラブルがありました。

Facebookのとあるグループの中で、頻繁にやりとりしていた先生からの「個別のメッセージ」を私が3日間も見逃していたのです。

スマホアプリでも通知はチェックしているので、気が付いたときには3日前の送信で、びっくりしてしまいました。

 

原因は、簡単でした。

Facebookのグループ内でやりとりしていたので、友達かどうかを意識せずやりとりしていたのですが、この方とは

Facebookで友達になっていなかった

のです。

 

個別メッセージは届くのですが、[メッセージリクエスト]を承認しないとメッセージが読めないという仕組みなのです。

にも関わらず、[メッセージリクエスト]がきたかどうかという通知は来ない!

 

↓メッセージリクエストは、Messengerの右上の歯車ボタンから確認できます。

前、友達(or知り合いと思われる人)以外からのメッセージは通知されずに、気づかないうちに「その他」フォルダに入っているということがありましたが、今はその他フォルダではなくて、メッセージリクエストに変わったのですね。

その変更にすら気が付いていませんでしたが、結局、友達ではない人からのメールは気を付けていないと読みそびれる

ということがよくわかりました。

知り合ったら友達になっておく

メッセージリクエストを確認する

という対策をしておいたほうがいいけれど、限界がありますよね・・・

 

こういうこともあって、仕事としてはなるべくさけたいFacebookのメッセンジャーでのやりとりなのです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村に参加しています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です