★セミナー・イベント開催情報★

社会保険労務士って何(1)

「人を雇用する中小企業の経営者様」に知ってただきたい労働・社会保険法に関する情報を、ブログでお伝えしています。

おひさま社会保険労務士事務所代表の篠田 恭子です。

 

26日に社会保険労務士試験があるので、今回は社会保険労務士についてのお話をしてみたいと思います!

まだまだ知名度が低いと感じる部分もありますが、

「社会保険労務士」。ちょっと長いので社労士と呼ばれる(自分でもそういう)ことが多いです。

「労務士さん」と呼ぶ社長さんもいらっしゃいます。

 

長くなりそうなので、第一弾です。。

社会保険労務士とは

社労士は、社会保険労務士法に基づいた国家資格者です。

企業の成長には、お金、モノ、人材が必要とされておりますが、社労士はその中でも人材に関する専門家であり、「労働及び社会保険に関する法令の円滑な実施に寄与するとともに、事業の健全な発達と労働者等の福祉の向上に資すること」を目的として、業務を行っております。

社労士は、企業における採用から退職までの「労働・社会保険に関する諸問題」や「年金の相談」に応じるなど、業務の内容は広範囲にわたります。

職場や企業の悩みは、人を大切にする企業づくりの支援をしている、社労士にお任せください。

参考 全国社会保険労務士会連合会 HP

あまりなじみがない方もいらっしゃるかもしれませんが、給与明細を見ていただくと、引かれている社会保険料、残業代の項目があると思います。

それらの項目は、どうやって計算されているかご存知でしょうか?

そのあたりが社労士の業務範囲の1つです。

労働法、社会保険法の専門家。働いている人にとって身近な法律を扱っています。

今年50周年です!

社会保険労務士法は昭和43年(1968年)の成立ですので、今年50周年!

広報活動が活発に行われています。みなさんも街のどこかで、「社会保険労務士」という文字を目にすることがあるかもしれません。

全国社会保険労務士会連合会 広報活動

社会保険労務士の仕事の内容がわかる、全国社会保険労務士会連合会のCMがありますので、ぜひご覧ください!

「ママはウソつき」篇

家事、子育て、親の介護・・・家庭と仕事の両立に奮闘する母親の様子を娘の視点から描いた、ドキュメンタリー風のミニドラマです。

頼れるパートナー社労士

国民の現在(いま)を支える社会保険労務士とは?
どんな存在なのか、ぜひ解説ビデオをご覧ください。

その他、全国社会保険労務士会連合会のHPをご覧ください。

全国社会保険労務士会連合会 ビデオライブラリー

埼玉県社会保険労務士会 広報活動

私の所属する埼玉県社会保険労務士会でも、50周年ということで力を入れた広報活動が行われています。

さいたまスーパーアリーナに看板を出しています。JR川越駅にも看板が出ていました。

埼玉県会にはキャラクターがいて、名前が「しゃろたま」。

埼玉県会のテレビCMはこちら!

NACK5でラジオCMもやっています。

他にもたくさんありますので、ご興味のある方は、埼玉県社会保険労務士会 広報活動

社会保険労務士になるには?

社会保険労務士になるためには、社会保険労務士試験に合格した後に、連合会に備える社会保険労務士名簿に登録(実務経験2年以上又は事務指定講習の修了が必要)することが必要です。

私は、2011年の東日本大震災の年の合格組で、翌年2012年夏に事務指定講習を受講して、実務経験2年に変えました。

事務指定講習は実務経験2年に変えるために手続きを学ぶ講習です。

・通信指導課程
教材によって自己学習し、研究課題の報告による通信教育方式により添削指導を行います。

・面接指導課程
講習科目について講義形式により4日間(1科目3時間)行います。

会社の夏休みを利用して面接指導(面接といっても面接はしないで、丸4日間ひたすら講義を聞く)に行った記憶があります。

試験も8月ですが、面接指導は7月のものに参加したんだったか・・・どちらも暑かった記憶が残っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です